激安のPEラインがATABAh(アタバ)で販売!

DSC_0153

ナイロンライン・フロロカーボン・ポリエステルラインと様々なラインがある中…

価格が高いことで知られているPEラインが安価で販売されているとの情報を嗅ぎつけた。

そこで”激安で販売されているアタバのPEライン”を購入してみたのだ。

スポンサードリンク

ATABAh(アタバ)とは?

激安のPEラインはATABAh(アタバ)で販売されている。

釣り具・タブレット関連・レディース用品など幅広い商品を取り扱っているショップだ。

その中でも釣り用品のPEラインは釣りユーザーからかなりの人気を得ている。

1000mで3200円と激安で販売されているからである。

値段は安くで購入したいけど性能も妥協したくない方にオススメなPEラインと言えるだろう。

ATABAh

使ってみた感想

DSC_0154

私はライトショアジギングでアタバのPEライン(0.8号)を使用している。

カラーリングが5色変化なので底までの距離が分かりやすく非常に便利だからだ。

ラインの太さは0.8号を購入したが、少し太めに感じた。

私は少し太めのPEラインを希望していたので0.8号を購入して丁度良かったと思っている。

私は今までにツバス・カマス・エソ・アジ・アカハタ等をアタバのPEラインで釣り上げることができた。

非常にお世話になっているPEラインなのである。

PEラインのメリットとデメリット

そもそもPEラインを使うメリットとは何なのか?

  • 糸自体が軽いので遠くまでルアーを飛ばすことができる
  • 伸びないので感度が良く当たりが手元に伝わりやすい
  • 糸が絡まってPEラインを作り出しているため強度が高い

デメリットも存在することを忘れてはいけない。

  • 価格が高い<アタバのPEラインを選ぶなら解決!>
  • 根ズレに弱いのでテトラ帯などで釣りをするにはリーダーが必須
  • 糸が絡みやすいのでライントラブルに発展することもある

メリットもあればデメリットも存在するので釣りの用途に合わせて使うことが大切なのだ。

PEラインにはショックリーダーが必要!

PEラインの先にショックリーダーを直結してから餌・ルアーを付けることをオススメする。

PEラインのデメリットとして根ズレに弱いことが挙げられる。

それを補うためにショックリーダーを付けて根ズレ対策を行うのだ。

ショックリーダーの長さは釣り方にもよるが、一般的に1m~2m程が理想と言われている。

PEラインとショックリーダーを直結させるための結び方は「FGノット」を推奨する。

PEラインとショックリーダーを結ぶ際の最強のノットとも言われているのだ。

FGノット(Youtube)

まとめ

いかがだろうか?

激安で購入できるアタバのPEラインはサイズも豊富でエギング・アジング・メバリング・ライトショアジギング・ジギング等の釣りに幅広く活用することができるだろう。

是非、試してみて欲しい。