釣れる!ライトショアジギングに使われるメタルジグ〈まとめ〉

a02

近頃、ライトショアジギングの人気が急上昇している。

岸(ショア)から大物を釣り上げることを目的としているライトショアジギングだが、釣り業界では「スポーツだ」と言われるだけあり、釣れないことも珍しくはない。

しかし、メタルジグの進化によって、水抵抗、アピール力なども考慮されるようになってきた。

そのおかげか、釣れにくいとされるライトショアジギングでも、釣れやすくなってきたことは確かだ。

そこで、レポ部では・・・
釣れる!ライトショアジギングに使われるメタルジグ〈まとめ〉
をレポートしようと思う。
スポンサードリンク

ムーチョ・ルチア(Maria AH)

ライトショアジギングで、よく使われるメタルジグは「ムーチョ・ルチア」だ。

ムーチョ・ルチアは進化してムーチョ・ルチア(AH)になった。

アシストフックも付いていて、塗装が剥がれにくいコーティング済み。

従来のムーチョ・ルチアの欠点を補ったバージョンとなっている。

有名で評価が高く、愛用者が多いのも特徴だ。

ジャクソン ピンテール 35

リトリーブ(ただ巻き)だけで釣れると有名なジャクソンのピンテール35。

ミノータイプなのに、メタルジグ並の重さを持っている。

巻いているだけで波の抵抗を感じ取り、水平に保ってくれる。

初心者の方にはオススメなハードルアーだ。

闘魂ジグ

安定した泳ぎを演出するセンターバランスのメタルジグ。

フォール時は「ヒラヒラ~」と、魚を誘うことができる。

初めからアシストフックが付いているので、パッケージから出してすぐに使える。

サゴシ・ワラサ・太刀魚などの青物はもちろん、ソイなどの外道も釣れやすい。

センターバランス風リアウェイトという飛距離が出るボデイーバランスを保っている。

ジャクソン ギャロップアシスト 40g

価格が安いことで有名なメタルジグ。

アシストフックを搭載モデルなので、パッケージから取り出してすぐに使える。

センターより少し後方に重心がよっている特徴を持つメタルジグ。

ギャロップは、フォール時のヒラヒラで魚を誘う釣り方が有効だといえる。

水面から着底までのフォールはきちんと行ってみてほしい。

電撃MAJI 30g

最近注目されているメタルジグ。

塗装が非常に剥がれにくい。UVコーティング加工を施している。

リトリーブ(ただ巻き)だけでも釣ることができるメタルジグだ。

飛距離を出すならば45gをオススメしたいが、30gもよく釣れている。

ダイソールアー(メタルジグ)

ダイソーで販売されているメタルジグ。もちろん値段は100円と激安。

釣れると有名で評価が高い。

何よりも根掛かりを恐れずにボトムを攻めることが出来る。

私は一投目のメタルジグとして使っている。

ボトムを探って、根掛かりしそうな場所の特定ができるからだ。

18g・28g・40gの3つが用意されている。

売り切れが激しいので、見つけたら買い占めることをオススメしたい。

まとめ

いかがだろうか。

ライトショアジギングでのメタルジグは慎重に選ばないければならないことは確かだ。

しかし、最終的に決定付ける理由としては「釣れるという評価」だと私自身は感じている。

初心者からライトショアジギングを始める場合はアシストフックが元から付いている物を選択してほしい。

アシストフックがあるのと無いのとでは雲泥の差があると言われているからだ。

ライトショアジギングの基本と基礎については以下を参考にしてほしい。

ライトショアジギングの基本と基礎 – Light shore jigging –
ライトショアジギングは、岸(ショア)からルアーを投げて釣るルアーフィッシングの1つです。 根魚、青物、フラットフィッシュなどの様々な獲物...