ブログで使える!知っておくと便利なGimpでの5つの画像加工技!

http://repobu.com/wp-content/uploads/2015/08/mob1.jpg

Gimpは「フリーソフト・多機能・高性能」と、ブロガーには欠かせないソフトウェアです。

しかし、多機能なので初心者の方には扱いにくいですよね。

今回は初心者の方に「ブログで使える!知っておくと便利なGimpでの5つの画像加工技!」を伝授したいと思います。

スポンサードリンク

強調したい部分に枠を付ける

ca9

上記の画像みたいに『強調したい部分に枠を付ける』方法が便利なので覚えておきましょう。

  • ツールボックスから「短形選択」をクリック
  • 枠を付けたい部分を「短形選択」で囲む
  • 右クリックをして「編集」から「選択範囲の境界線を描画」をクリックする
  • 小ウィンドウが現れるので「線の幅」を任意の数字に設定して「描画」をクリックする

枠の色は「ツールボックス」から選択することができます。

66

パスを使って横線・縦線・斜め線を引く

ca8

横線・縦線・斜め線で誘導して文字を書くと、コンテンツが綺麗に仕上がりますよね。

これらの線の引き方も、覚えておいて損はないので解説していきます。

  • ツールボックスから「パス」をクリック
  • 直線を引きたい箇所に「始点」と「終点」をクリックで付ける
  • ツールボックス内のツールオプションから「パスの境界線を描画」をクリック
  • 小ウィンドウが現れるので「線の幅」を任意の数字に設定して「描画」をクリックする

線の色は「ツールボックス」から選択することができます。

66

鉛筆を使って横線・縦線・斜め線を引く

ca7

ツールボックスの「鉛筆」を使って「横線・縦線・斜め線」を書く方法を解説します。

  • ツールボックスの「鉛筆で描画」をクリック
  • ツールボックス内のツールオプションで「ブラシ」で種類を選択する(点を選択しよう)
  • ツールボックス内のツールオプションで「サイズ」を選択する(初期サイズだと大きい)
  • 描画したい箇所に、左クリックで始点を作る
  • シフトボタンを押しながら、終点を左クリックで決める

線の色は「ツールボックス」から選択することができます。

66

キャンパス(空白)を画像サイズに合わせる

ca6

キャンパス(空白)の大きさが、レイヤーのよりも広くなってしまったことはありませんか?

実は簡単にキャンパス(空白)の大きさを、画像のサイズに合わせてくれる機能があります。

  • レイヤーを右クリックして「画像」から「キャンパスをレイヤーに合わせる」をクリック

他のレイヤーのサイズが大きければ反映されません。大きいレイヤーを削除したのを確認してから「画像」⇒「キャンパスをレイヤーに合わせる」をクリックしましょう。

レイヤーの中の1部分(色)を抜き取る

ca5

上の画像の様に、レイヤーの1部分を抜き取ることができます。

  • ツールボックスから「ファジー選択」をクリック
  • 抜き取りたい部分をクリック
  • 選択範囲を右クリックして「編集」から「切り取り」をクリック

ツールボックス内のツールオプションで「しきい値」を高めに設定すると「粗がなく綺麗に抜き取る」ことができます。「しきい値」を高く設定し過ぎると、周りの画像(色)まで巻き込んでしまい選択範囲としてしまうので注意しましょう。切り取った部分を貼り付けると「新しいレイヤー」として追加することもできます。

まとめ

いかがでしたか?

Gimpは『多機能・高性能』のソフトウェアですが、ちょっと難しいですよね。

“ブログで使える!知っておくと便利なGimpでの5つの画像加工技!”

を使うことで、訪問者の方に少しでも理解しやすくなれば、結果オーライですよね。

以上、レポート部長がお伝えしました。