スピーカーが音楽に合わせて光る!癒しを提供するWATER DANCING SPEAKERが登場!

音楽の動きに合わせて水が踊る、スプラッシュスピーカー(WATER DANCING SPEAKER)!

部屋の雰囲気が明るくなる他、インテリアとしても使えます。

今回のレポ部は、今話題の”WATER DANCING SPEAKER”について注目していきます。

スポンサードリンク

WATER DANCING SPEAKER

音楽に合わせて、スピーカー内に内蔵されている水が動く仕組みになっている。

インテリアとしても最適なイルミネーションとなるだろう。

PSP・スマートフォン・ノートパソコン・デスクトップパソコンなど幅広い用途で使える。

水を取り替える必要はないので安心して欲しい。(内蔵型で元から入っている)

本体の色は、ホワイト・ブラックの2色から選ぶことができる。

価格は2980円と非常に良心的な値段となっているので、気軽に購入できるのも魅力だ。

スプラッシュスピーカー【WATER DANCING SPEAKER】

特徴・性能

クラシック・ピアノなどの曲だと大人しい感じで水が動く。

ロックンロール・V系などの激しい曲だと水が激しく動く特徴がある。

音のボリュームを上げてみると・・・これもまた水の動きが激しくなった。

非常に楽しめるスピーカーだ。

何と言っても癒される。光を見ていることで、1日の辛いことが吹き飛ぶようだ。

光は、ピンク・ブルー・グリーン・イエローの4つの水しぶきが上がる。

光が与える人間への影響

皆さんが、普段見ている通常の光は、蛍光灯の白色ですよね。

会社・学校などのあらゆる施設で、白色の蛍光灯が使われています。

皆さんは、蛍光灯を見て癒やされていますか?

『そんなの癒されるはずがない!』

その通りです。

普段見ている白色の蛍光灯は変化がなく、私達が最も慣れている景色だと言えます。

踏切を思い浮かべてください。

青色のライトが使われている踏切を知りませんか?

青色が使われている原因は、自殺者の心を落ち着かせるために使われています。

青色には癒しの色とも言われており、興奮的な感情を抑える働きがあるのです。

マンションの駐車場にも、最近は青色が用いられていますよね。

痴漢・車上荒らしなどの心を落ち着かせるために、青色を用いているのです。

花火を見たことはありますか?日本人ならば一度は見たことのある花火。

花火は『綺麗だなぁ』という感情を心から引き出す効果があります。

これも癒しですよね。

青・赤・黄・緑など様々なバリエーションを使うことで『綺麗』『美しい』という癒しを私達に与えてくれるのです。

スプラッシュスピーカー(WATER DANCING SPEAKER)を見ることで『綺麗』『美しい』という感情を私達に与えてくれます。

お家に癒やしを求めている方は”WATER DANCING SPEAKER”をお試しください。

まとめ

インテリアとしても使える、スプラッシュスピーカー(WATER DANCING SPEAKER)

部屋に癒しを置きたい方には、とっても良いツールだと思います。

皆さんも、試してみてはいかがでしょうか?