アフィリエイトをアドセンスから始める4つの理由

アフィリエイトをアドセンスから始める4つの理由

当サイトでは、アフィリエイト初心者の方が始めに使用するアフィリエイトとしてGoogleアドセンスを推奨しています。何故ならアドセンスは、初心者の方に優しい4つの理由があるからです。

今回のレポ部は『アフィリエイトをアドセンスから始める4つの理由』について、詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

アドセンスの規約が理解しやすい

堅苦しい内容ですが『利用規約』のお話です。

初心者がアフィリエイトを始めるにあたって、最初に理解すべきなのが『利用規約』です。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)によって利用規約は変わってきますが、数あるアフィリエイト会社の中でも、Googleアドセンスは理解しやすい内容になっています。

アフィリエイト・サービス・プロバイダ (英: Affiliate Service Provider) とは、インターネットを中心に成功報酬型広告を配信するサービス・プロバイダで、略してASPと呼ばれることがある。

アフィリエイト・サービス・プロバイダ|wikipedia

しかし、アドセンスは『利用規約が厳しいことでも有名』なので必ず守りましょう。

規約を守らないとペナルティーを受ける可能性と、最悪な場合はアカウント停止になります。

自分で広告をクリックしてはダメ!

アドセンスの広告は、一日一回のクリックで約1~?円程の報酬を貰うことができます。

(クリック単価は状況によって変化します)

その仕組みを利用して自分のパソコンから毎日クリックするような行為は禁止されています。

同じパソコンからアクセスがあるとGoogleに判断されるとペナルティを受けてしまう可能性があるので注意してください。

アドセンス広告に関しての利用規約を、簡単に解説していきましょう。

1ページに広告は3つまで!

アドセンス広告は1ページに3つまで使うことができます。

3つ以上使ってしまうとペナルティーを科せられてしまうので気を付けましょう。

1ページ内で使える『リンク広告・検索ボックス・コンテンツ向けアドセンス広告』の数は以下を参考にして下さい。

  • コンテンツ向けアドセンス広告は3つまで使用可能。
  • リンク広告は3つまで使用可能。
  • 検索ボックスは2つまで使用可能。

大きいサイズのアドセンス広告は1ページ内に1つだけ!

300×600・300×1050・750×200 ・580×400など、大きいサイズのアドセンス広告は1ページに複数枚使うとペナルティーを受けてしまう可能性があります。

公式サイトの注意書きには『1ページに複数配置することはできません』と書かれているので、大きいサイズのアドセンス広告は1つだけにした方が無難でしょう。

ページ内容が無い場所にはアドセンス広告は使えない!

離脱ページ・エラーページなどのコンテンツ内容が含まれないページに、アドセンス広告を使用することは禁止されています。

アドセンス広告が、コンテンツ内容だと誤認識させてしまう場合があるからです。

誤解するようなクリックの誘導はダメ!

例えば『こちらからダウンロード!』と書かれている近くにアドセンス広告を使用する行為はしてはいけません。訪問者に間違った認識と情報を与えてしまうからです。

その他のアドセンス広告に誘導する紛らわしい禁止行為は以下を参考にしてください。

  • 絶対位置スクロール内にアドセンス広告を使ってはいけない。
  • アドセンス広告の近くにリンク・ボタン・メニューなどは使ってはいけない。
  • アドセンスに誘導するテキスト内容は使ってはいけない。
  • アニメーションを使ってアドセンス広告に誘導してはいけない。

特に悪質なのが『ポリシー違反と知っていながらアドセンスを利用する人がいる』ことです。

ペナルティーが科せられる場合があるので絶対に止めましょう。

アドセンス広告に使用する見出しは決められている

訪問者に誤解を与えないためにも、アフィリエイターはアドセンス広告を訪問者に誤解されないように表記させる必要があります。

アドセンス広告の見出しには『広告』『スポンサーリンク』のみ使うことができます。

「スポンサードリンク」「アドセンス広告」などの見出しは認められていません。

その他のプログラム・ポリシー

初心者の方は上記のポリシーを厳守していただければ、問題はないと思います。

報酬が10万以上になってくるとGoogleアドセンスからの調査が厳しくなると言った話を聞いたことがあります。

アドセンスを利用している限りプログラム・ポリシーは厳守してください。

この他のポリシー規約は以下のリンクから確認してください。

プログラム・ポリシー(AdSense)

クリック報酬型だから報酬が発生しやすい

クリック報酬型はクリックされるだけで報酬が発生するのでモーチベーションが上がります。

成果報酬型だと訪問者が『商品を購入・登録』など、広告主の条件に合った行動をしないと報酬が発生しません。

サイト開設時はアクセス数が少ないのは当たり前なので、成功報酬型で成果を得ることは難しいでしょう。

サイト開設後の1ヶ月から3ヶ月は、記事を書くことに専念する期間とも言われています。

その間は『少しでも報酬が出るクリック報酬型のアドセンス広告』を利用して『記事を書くモチベーション』を上げることが大切なのです。

殺風景な記事ページが賑わう

始めたての頃は、文章が書き慣れていないのでコンテンツが薄く、ページ1つ1つが殺風景に見えてしまいますよね。

アドセンス広告を入れるとサイトが賑わうので、嬉しい気持ちになりませんか?

かといってアドセンス広告を必要以上に使用する行為はプログラム・ポリシーに反して、ペナルティを受ける場合があるので止めましょう。

コンテンツ広告は3つまで!リンク広告は2つまで!検索ボックスは2つまで!

Googleアドセンスのプログラム・ポリシーを厳守してアドセンス広告を使用しましょう。

ページに関連する広告が出現する

アドセンス広告は1つ1つのページに関連した広告が出現するようになっています。

例えば『食べ物』に関しての記事にアドセンス広告を貼り付けたとします。

するとアドセンス広告は、食べ物に関する適切な広告を自動的に貼り付けてくれるのです。

他のASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)とは違い、いちいち記事に合った広告を貼り付ける手間がかからないので非常に便利です。

まとめ

Googleアドセンスは利用規約を厳守して使いましょう。

始めの頃はアクセス数が増えないことは当たり前なので、気落ちせずに記事を書き続けることが大切です。

以上、レポート部長でした。