水素水で生活習慣病を未然に防ぐ!生活習慣病の原因は活性酸素にあった!

water_00004

近頃、水素水が健康に良いと話題になっています。

美容、ダイエット効果、病気の改善・・・

水素水は生活習慣病の原因とされている活性酸素を除去してくれる働きを持っています。

そこで、レポ部では・・・
水素水で生活習慣病を未然に防ぐ!生活習慣病の原因は活性酸素にあった!
をレポートしたいと思います。
スポンサードリンク

水素水とは?

水素って科学の実験で学生の頃に習いましたよね。

原子記号は”H”。常温では無色、無味、無臭の気体です。

水素水で使っている水素は”活性水素”と呼ばれていて、この水素を体内に取り込むと”活性酸素”と結合し、体内の”活性酸素”を除去してくれる働きを持っています。

活性酸素って身体に害?

活性酸素は本来、身体を守るために作られているものです。

ウィルス、細菌などを酸化させて倒す役割を持っています。

しかし、1つの細胞が酸化してしまうと他の細胞にも酸が連鎖してしまいます。

実は活性酸素は、私達が呼吸して空気を吸うことでも取り込んでいます。

近年の研究結果で”活性酸素”は様々な老化現象や病気を引き起こすキッカケでもあることが判明したのです。

活性酸素が引き起こす病気

ご存知でしょうか?生活習慣病の90%は”活性酸素”が引き起こす原因と言われています。

さらには、活性酸素が中和せずに溜まり続けた場合、ガン・糖尿病・動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞などの重病を引き起こす場合もあります。

これらの病気から他の臓器が痛み連鎖していく可能性も十分に考えられるのです。

溜まり続けた活性酸素を予防、中和する方法

昔から”規則正しい生活”をすれば活性酸素は増えにくいと言われています。

近年ではアルコール、タバコ、夜更かしなど活性酸素の増加を助長するかのように生活をしている方も少なくありません。

病気でない将来の自分を想像して対策を行うことが大切であることは間違いありません。

食事療法による予防

朝、昼、晩の3回の食事を決められた時間に取るということが大切になります。

野菜を多めに摂り、油類を控えることで”活性酸素”を予防することができます。

ビタミンCやビタミンEは細胞の酸化(老化)を抑えることができると言われています。

ニキビの治療薬としてビタミン剤が使われているのはこれが理由です。

その他の酸化を抑えると言われる成分は以下のとおりです。

  • ポリフェノール
  • カテキン
  • βカロチン
  • リコペン
  • フラボノイド
  • セサミノール
  • 含硫化合物
  • アスタキサンチン

食生活を見直すことで”活性酸素”の発生を予防することが出来るのです。

運動による予防

激しい運動は逆に”活性酸素”を増やしてしまう場合もあるので注意が必要です。

エクササイズ程度の軽い運動やストレッチが理想と言えるでしょう。

ヨガは心身ともにリラックスした状態となるために非常に効果的です。

運動にはストレスが溜まりがちで、ストレスは”活性酸素”の働きを高めてしまいます。

ヨガなどの呼吸法を取り入れた軽い運動が”活性酸素”の働きを抑えることになるのです。

活性酸素を中和(還元)することができる水素水が登場

冒頭でも説明しましたが水素水には生活習慣病となる”活性酸素”を中和する働きがあります。

ここでの注目は予防と中和の2通りを備えているということです。

糖尿病、皮膚疾患、高血圧などの症状が現れている方も水素水を飲むことで”活性酸素”が中和されて症状が良くなる可能性も秘めています。

症状が出ていない方も油断せずに食事による予防や運動による予防、そして水素水による予防と中和を徹底的に行うことで”生活習慣病の発病”を未然に防ぐことが出来るでしょう。

水素水の効果と効能は?

疲労回復、糖尿病、血栓、動脈硬化、脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞、高脂血症、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、関節リウマチなどのアレルギー性疾患・免疫疾患、 メタボリック症候群、認知症、アルツハイマー病、痴呆症、パーキンソン病をはじめとする神経疾患、筋ジストロフィーをはじめとする筋疾患、肝臓疾患、腸疾 患、膵臓疾患、呼吸器疾患、新生児・小児疾患、眼疾患、歯周病、白内障、ストレス性胃潰瘍、放射能による健康被害の軽減

引用:水素水情報館(水素水の疾患・症状に対する効果効能)

まとめ

生活習慣病の原因は”活性酸素”にあったということは理解していただけたでしょうか?

その”活性酸素”を予防するには食生活の改善、ストレスのかからない軽めの運動、水素水による中和(還元)が効果的です。

是非、水素水で生活習慣病を未然に予防し、健康な毎日を送ってみてはいかがでしょうか。