メバリングの基本と基礎知識 – Mebaru Fishing –

メバリングの基本と基礎知識

レボート部長です。

メバリングという釣り方を皆さまはご存知ですか?

メバリングはルアーフィッシングの1つで非常に人気のある釣りです。

今回は初心者の方の為にメバリングの基本から基礎までについてレポートしていきます。

スポンサードリンク

メバリングとは?

メバリングはメバルを狙ったルアーフィッシングの釣り方を言います。

メバルは高級魚で知られ煮付け、お刺身、お味噌汁など数々の料理に使われています。

メバリングで釣り上げるメバルのサイズは25cmを超えることも。

ガシラ、アジなどの思わぬ魚が釣れることも珍しくありません。

ガシラは外道として知られていますが美味しい魚です。スーパーには見かけない魚で非常に希少価値の高い魚とも言えるでしょう。ガシラの味噌汁は中でも絶品料理の1つです。アラカブの味噌汁で検索ください。

メバリングの季節

メバリングに適した季節は「冬」

9月~11月ほどで少しずつ釣れくるようになり11月~2月下旬が最も適した季節といえます。

12月頃から産卵期に入り接岸します。

産卵が終わる1月~2月は、メバルが小魚を盛んに食べて体力を付ける時期になります。

この時期は非常にサイズが大きく数ともに期待できるでしょう。

釣れる場所

メバリングは時間帯によって釣れる場所が異なる魚です。

それぞれの時間帯について見て行きましょう。

日中のメバリング

日中のメバルは障害物に隠れていることが多い魚です。

藻、テトラの際、船の下、流木の下などの隠れていそうな場所をアタックします。

陰の出来る場所が絶好のポイントなので根掛かりを恐れずに攻めることが大切です。

メバルのいる場所(リストver)

  • テトラの際
  • 船の下
  • 流木の下
  • 岩場
  • 波止場の際やスリット
  • 捨て石
  • 船の繋留のロープ
  • 潮の流れが良い
  • 潮がぶつかる場所
  • etc

メバリングでは考えて狙うことが釣果へと繋がります。どんどん攻めて釣果を出していきましょう。

夜中のメバリング

メバリングは夜中にすることで釣果が出てきます。

メバルは夜行性で夜中になると活発に活動するからです。

夜中のメバリングでは常夜灯の周りなど明かりが付いた場所を選んで釣ると釣果が出ます。

メバルは夜中になると障害物から離れ小魚を求めて探し回ります。

魚は明かりに集まった小魚を捕食する習性があります。

常夜灯周りは非常に好ポイントです、積極的にアタックしてみましょう。

小魚が表面でピチャピチャ跳ねている場所も非常に好ポイントです。メバルだけでなくフィッシュイーターが潜んでいる場合も。スズキ、ボラ系統が食いついてラインが切れてしまう事もしばしば・・・。

竿(ロッド)の選択

メバル専用のルアーロッドは主にメバリングロッドと言われます。

この竿(ロッド)は比較的に柔らかいものを選びます。

メバルは非常に臆病で警戒心が強い魚でもあるのです。

そのため、餌に少しでも違和感を感じれば頬の力を使って餌を吐き出してしまうのです。

メバリングではメバル自体に違和感を与えないことが重要視されます。

竿(ロッド)の選択は良いものを選びましょう。

ソリッドディップを使用

ソリッドディップとは竿先が詰まっていてる竿(ロッド)の事を言います。

竿先には柔らかい素材が使われています。

この柔らかい竿先で魚のアタリを弾きづらく自然にフッキングさせることができるのです。

合わせが比較的にいらない竿(ロッド)です。

魚から自然に掛かってくれる竿なので、オートマチックな竿(ロッド)とも言えるのです。

Mebaru Fishing

ソリッドディップ

  • 竿先が詰まっている竿(ロッド)
  • 竿先には柔らかい素材が使われている
  • 魚のアタリが伝わりにくい
  • 自然にフッキングさせることが出来る
  • 魚に違和感を与えない
  • 合わせがいらない

チューブラーディップ

  • 竿先が空洞になっている竿(ロッド)
  • 竿先が固い
  • 魚のアタリが伝わりやすい
  • 積極的に合わせを入れていく竿(ロッド)
  • 魚に違和感を与えやすい

メバリングロッド、価格は抑えたいがスペックはあまり妥協したくない方へ。

本格的な竿(ロッド)、メバリングといえば月下美人、アジングも楽しめる。

 リールの選択

メバリングでのリールは1000から2000までのスピニングリールを使います。

ルアーをスローで動かす事が多いので操作がしやすいサイズのリールを選びます。

私のオススメは2000のリール。他の釣りと併用でき便利なリールとなるでしょう。

ランガンを考えている方は比較的に軽量のリールを選びましょう。

DaiwaかSHIMANOのどちらかのリールを選択することをオススメします。

調度良いリール、価格は抑えたいがスペックはあまり妥協したくない方へ。

本格的なリール、軽い、操作しやすい、ブレやムレが無いからか回転が非常にスムーズ。

糸(ライン)の選択

メバリングで使うラインはナイロンかフロロカーボンのどちらかをオススメします。

日中などのメバリングの場合は障害物のある場所を積極的に攻めていく釣りとなります。

根ズレが頻繁に起こるので強度の強いラインを選択しましょう。

ナイロンラインの性質

ナイロンラインはポリアミドを素材に作られているラインです。

ラインの種類の中では1番安く、初心者の方に向いているラインになります。

しかし、水を吸うので数回で傷んでしまい海水に付けたラインは釣り終了後に切り取るなどの

メンテンナンスが必要になってきます。

ラインが水より少し重い程度なので沈むスピードが非常にゆっくりでボトムを取る釣りには不

向きなのも特徴です。

ナイロンラインの性質(リストver)

  • 安価
  • ラインのメンテンナンスが必要
  • 比重が軽い
  • ラインが伸びる
  • 初心者向け

ナイロンラインは水を吸うため、メンテナンスが必要となってきます。メンテナンス頻度としては私は1回の釣りの後には海水に付けた部分のナイロンラインはゴミ箱に捨てています。捨てないで放置してしまうと使用していないナイロンラインにまで海水が移り使っていない部分まで劣化してしまいモロくなってしまうからです。

フロロカーボンの性質

フロロカーボンラインはポリフッ化ビニリデンを素材として作られているラインです。

ラインの中では高価ですが様々な釣りで使用できるラインです。

伸びが少ないため感度が良く、固い素材が使われているために根ズレに強い特徴があります。

ラインが水に比べて重いのがボトムを取るメバリングでは非常に役にたつでしょう。

ラインが伸びにくく固いので風の影響にも左右されないことも良いですね。

ただし、リールのスプール近くでのライントラブルが目立ちます。

フロロカーボンの性質(リストver)

  • 高価
  • 比重が重い
  • ラインが伸びにくい
  • 感度が良い
  • 根ズレに強い
  • 風の影響を受けにくい
  • ライントラブルが目立つ

レポート部長はフロロカーボンラインを使用しています。大きな理由はナイロンラインのメンテンナンスの頻度が徐々に増えてきてフロロカーボンラインの値段よりナイロンラインの値段の方が総合的にみて高くなってしまったのです。釣りの行き過ぎには注意が必要ですね(笑

ワームの選択

メバリングでのワームのサイズは1.5インチから2.0インチを扱います。

メバルは過度の振動を嫌う魚とも言われています。

ワームのタイプは程よい波動を実現することが出来るピンテールタイプをオススメします。

ワームのサイズも使い分けると非常に効率のいい釣りが楽しめること間違いありません。

Berkley/ガルプ!

魚が釣れてしまう魔法の液にワーム漬けて販売しています。

このワームを使うと必ず何かしら釣れます。

メバルはもちろん、ガシラ、アジ、ソイ、イワシ、ボラなども釣ることができました。

数あるカラーリングの中でも特に釣れるベビーサーディン(ピンク)を紹介します。

じゃこまろ

メバルに最適のワーム。メバルが捕食しているジャコをモデルに作られたワームです。

振動も与え過ぎない設計で動きすぎずスレさせません。

フグ、カマス等にちぎられにくい伸縮性をあるタフ素材を使用しています。

ダイソーワーム

ダイソーで売られているメバリング用のピンテールタイプのワーム。

10個入りで100円とリーズナブルなのも魅力です。

お近くのダイソーで確認してみましょう。

3

ジグヘッドの選択

メバルに違和感なくフッキングさせるためにグラム数の少ないものを選びます。

主に1グラム前後を使うことが多いでしょう。

風が強い時のために2グラムも用意しておくと便利です。

メバリング用のジグヘッドは年々進化しつつ数も増えてきています。

その中でも釣れる!と評判のジグヘッドの数々をご紹介したいと思います。

メバル弾丸

メバル弾丸は非常に針の刺さりがいいです。

言わずと知れたメバル専用ジグヘッド。

メバル弾丸が進化し夜行タイプに。

メバルは夜行性なので様々な場所で効果を発揮してくれるジグヘッドとなります。

流弾丸

流弾丸は非常に針が鋭い。

メバルへのフッキング率が高まること間違いありません。

2つのラインアイを搭載しフロントアイに結束すると表層へ、メインアイに結束するとレンジ

をキープすることができる優れものです。

メバリングのジグヘッドは普通のジグヘッドとは違い、ジグヘッド全体が長いのが特徴です。小さなバイトでも魚をフッキングさせることができるという考えから生まれたものです。メバルはガツンという掛かりの動作ではなく、チョンチョンと突くような動作から始まります。メバル特有のバイトを考えて作られたのがジグヘッド全体が長くなった理由です。

 アクション

メバリングでは時にはアクションを付けることでメバルを誘います。

しかし、過度なアクションはメバルに違和感を与えてしまう場合も。

今回は最低限あったら便利なアクションについて見て行きましょう。

リトリーブ

リールを巻いてくるだけのアクションです。

メバリングでは使用度が高く、釣れることが多いアクションです。

余計なアクションはメバルに違和感を与えてしまう場合も。

初心者からベテランまでがお世話になる誘い方です。

メバリングでは海底のズル引きは効果的ではありません。少し難しいですが海底より少し上をリトリーブで引いてくると違和感無くメバルをフッキングさせることができるでしょう。

トゥイッチ

竿先を小刻みに動かすアクションです。

チョンチョンチョンと動かす動作に惹かれてメバルが食いついてきます。

メバリングでは回数の多いトゥイッチは不要です。

簡単なアクショングループを作成してみよう。

  1. ワームを投げる
  2. 着水
  3. フリーフォール
  4. 着底
  5. トゥイッチ×3回
  6. リトリーブ×5秒
  7. トゥイッチ×2回
  8. [5-7]を繰り返す
  9. ワーム回収
  10. [1]に戻る

上記のような簡単なアクショングループを作るのも良いですよね。海面から海底までは何メートルあって障害物の位置はどうなっているのかを竿(ロッド)やワームで探るようになれれば上級者の道へ突入です。

まとめ

いかがでしたか?

メバリングにはアクションが比較的いらない釣りで初心者に向いている釣りだと言えます。

大切なのはメバルが隠れている場所をピンポイントで判断することです。

色々な場所にキャスティングしてメバルを探り当ててみてください。

以上、レポート部長がお届けしました。

初心者の方向けのメバリングセット。非常に安価で必要なものは全て揃っています。