ライトショアジギングの基本と基礎 – Light shore jigging –

lsj

ライトショアジギングは、岸(ショア)からルアーを投げて釣るルアーフィッシングの1つです。

根魚、青物、フラットフィッシュなどの様々な獲物を釣ることができるライトショアジギングは、若者を中心に流行っていて、防波堤、岩場、磯場などの気軽な環境から、大きな獲物をターゲットにすることができます。

  • 小さい魚ばかりで飽きてしまった
  • 大物を岸(ショア)から釣ってみたい
  • 青物の引きを楽しんでみたい

このような思いをお持ちの方には、ピッタリな釣り方だと言えるでしょう。

そこで、レポ部は・・・
ライトショアジギングの基本と基礎 – Light shore jigging –
をレポートしたいと思います。
スポンサードリンク

ライトショアジギングとは?

ライトショアジギングのターゲットは、回遊してくるハマチ、アジ、サバ、ブリといった青物、さらにはガシラ、エソ、マゴチなどの根魚、ヒラメ、カレイなどのフラットフィッシュと幅広い魚種をターゲットにしています。

何が釣れるかわからない、そのドキドキ感がアングラーの心を揺さぶる・・・

そういった、釣り方でもあるのです。

他のルアーフィッシングと比べて、ライトショアジギングはスポーツのようなアクションを繰り返します。

疲労が溜まる釣り方としても有名ですが、魚との駆け引きは、他のルアーフィッシングと比べ物にならないほどの重量感(パワー)のあるファイトとなります。

是非、アクションのコツを掴んで、大物を釣り上げてください。

ロッドアクションを頻繁に行うので少し運動的なハードな釣り方となります。しかし、重いルアーを海へ投げるときの快感は、言い表せないほどに気持ちがいいです。アタリが来ると強い力で引っ張られる「ドキドキ感」と、魚との「緊張感」を同時に味わえる素晴らしい釣り方です。

釣れる場所

磯、岩場、防波堤などの「沖に面している場所」でライトショアジギングを行います。

できるだけ「釣り場の先端から沖に面している場所」を見つけてアタックすると釣れる確率は高まることは間違いありません。

釣れやすいポイント
  • 防波堤の先端
  • 沖に面している場所
  • 水深が深い場所
藻や海藻がある場所でライトショアジギングを行うと、ルアーが障害物に引っかかりロストしてしまう可能性があります。慣れないうちは障害物がある場所での釣行を避けることも大切です。

2

釣れる時期、時間

地域によって釣れやすい時期は様々ですが、青物は暖かい水温を求めて常に回遊しています。

したがって「夏」から「秋」が釣れやすい時期とも言われています。

さらに詳しく「釣れる時期」「釣れる時間帯」についてレポートしていくことにしましょう。

釣れる時期

地域によって釣れやすい時期は様々です。

基本的には、海水の温度が上昇する”初夏から秋にかけて“が最も釣りやすい季節です。

しかし「冬」に釣った魚は大きくて脂が乗っていて美味いのも事実。

ターゲットとなる回遊魚は寒いと温かい水温/気温を求め、沖の海へと旅立ってしまいます。

このように、防波堤などの浅瀬で行うことの多いライトショアジギングは、冬季の間は、釣果が出にくいのが特徴でもあるのです。

釣れる時間

「冬」でもライトショアジギングで釣果を出す方法があります。

それは、マズメの時間を狙って効率の良い釣りを行う方法です。

マズメ時の魚は、餌を求めて岸に接岸してくるという習性があります。

その時間を狙ってライトショアジギングを行うと釣れる確率が高まると言われています。

朝マズメ:夜が明けて明るくなり始めた時刻から日の出までの時間

夕マズメ:日没前後から暗くなるまでの時間

竿(ロッド)の選択

ライトショアジギングで釣果を得るにはルアーを遠くに投げること。

できるだけ飛距離の出やすい長い竿(ロッド)を選択することが大切です。

竿(ロッド)に求める最低限の機能は以下の3つです。

竿に求められる性能
  • 9フィート~10フィート
  • 20g~60gが投げれる(ルアーの重さ)
  • 1号~2号が使える(PEラインの太さ)

これからライトショアジギングを始めてみたいと思う方に推奨しているロッドはこちらのメジャークラフト(SPS-962LSJ)です。MAXで投げれるルアーの重さは50gまでと幅広く、EVAグリップも採用しているので「アクションしても滑りにくい」「コストパフォーマンスも優秀」と入門者向けの竿(ロッド)として知られています。

リールの選択

ライトショアジギングでのリールの選ぶ基準は以下の3つ。

気をつけるポイント
  • 軽さ(アクションし続けるスポーツ的なライトショアジギングには軽さが大切)
  • 頑丈さ(リールの操作が非常に多い釣りだ。頑丈なリールを選択することも大切だ)
  • 糸のセットできる量(PEライン2.0号が200m以上巻けるリールを選択する)

ライトショアジギングでは”竿(ロッド)よりリールの性能を重視する“と言われています。

大きいサイズの魚が掛かるために「リールのパワー」「軽さ」「頑丈さ」が必要になります。

最低でも4000円のリールを購入することをお勧めします。

ダイワ(Daiwa)のエクセラー 3000Hはライトショアジギング用にピッタリなリールです。巻き取り量は1回転辺り95cm(ハイギア)なので、どのようなアクション方法でも糸ふけを回収でき、アクションを続けることができます。コストパフォーマンス、機能性、性能性も優秀、まさにライトショアジギングのために生まれたリールです。

糸(ライン)の選択

ライトショアジギングでのメインライン(道糸)は、強度に優れたPEラインを使用することが多く、PEラインの太さは0.8号~2.0号までを使用します。

号数が小さくなるにつれラインが細くなっていきます。

メインライン(道糸)とは別に「ショックリーダー」というラインも必要となります。

ショックリーダーにも、ナイロン製、フロロカーボン製とありますが、ライトショアジギングでは、根掛かりが強く、強度が高い「フロロカーボン製」のショックリーダーを用います。

フロロカーボン製の「ショックリーダー」を選ぶ理由

ライトショアジギングでは、海草、テトラに当たっても根ズレしない頑丈さが求められます。

PEラインは根ズレに弱い特徴があり、藻、砂、岩に当ってしまうと簡単に切れてしまいます。

メインラインの先端に1m~2mほどの「根ズレに強いフロロカーボン製のリーダー」を結束させることで、障害物との接触による糸切れを防ぐことができるのです。

ショックリーダーを長く設定すれば根ズレを防止する範囲が広くなることから、最低でも1.5mの長さは取っておくことが大切です。

リーダーの選び方

ショックリーダーはPEラインとのバランスが大切です。

片方が太く、もう片方が細いとバランスが崩れ、結合部分の強度が低下してしまいます。

PEラインよりもリーダーは同等のポンド数を選ぶこと、またはPEラインよりも少し太いリーダーを選択するかのどちらかに決めたほうが良いでしょう。

同等のポンド数で釣りを開始して、頻繁にリーダーが切れてしまうような場所ならば、徐々に太いリーダーに変更していく方法が好ましいとされています。

ヤマトヨテグス(YAMATOYO)のショックリーダーは、強度が高く、コストパフォーマンスも良い、ショックリーダーです。ラインもしなやかなので結束しやすく、ヤマトヨテグスのショックリーダーを重ねることでコンパクトに収納できるようになってます。

メタルジグ

ライトショアジギングでは18g~50gまでのメタルジグを使います。

メタルジグはロストする事が多いので、多めに持って行くことが大切です。

メタルジグの中でもユーザーからの評価も高い、有名なメタルジグを2つ紹介します。

闘魂ジグ

安定した泳ぎを演出するセンターバランスのメタルジグです。

フォール時は「ヒラヒラ~」と魚を誘うことができるのでアピール度も高い。

初めからアシストフックが付いているので、パッケージから出してすぐに使えます。

サゴシ・ワラサ・太刀魚などの青物はもちろん、ソイ、ヒラメ、エソなどの美味しい魚も釣れてしまう便利なメタルジグです。

センターバランス風リアウェイトという飛距離が出るボデイーバランスを保っているので「カッ!」と飛ばしたいときに便利なルアーです。

ムーチョルチア

ライトショアジギングで、人気のメタルジグと言えば「ムーチョ・ルチア」です。

ムーチョ・ルチアは進化して「ムーチョ・ルチア(AH)」になりました。

従来のメタルジグよりもコーティングが強化されているので塗装が落ちにくくなっています。

初めからアシストフックが付いているので、パッケージから出してすぐに使えます。

従来のムーチョ・ルチアの欠点を補ったバージョンとなっています。

「釣れると有名」で「評価が高い」そして「愛用者が多い」のが特徴ですね。

その他の釣れると有名なメタルジグは以下のリンクを参考にしてください。

釣れる!ライトショアジギングに使われるメタルジグ〈まとめ〉
近頃、ライトショアジギングの人気が急上昇している。 岸(ショア)から大物を釣り上げることを目的としているライトショアジギングだが、釣り業...

アクション

ライトショアジギングでは様々なアクションで魚を誘います。

海の状態によってアクションを使いこなすことで、さらなる釣果を望むことが可能となります。

基本的な最低限のアクションについて見ていきましょう。

リトリーブ

リトリーブはリールを巻いてメタルジグを引っ張ってくる動作をいいます。(別名:ただ巻き)

リトリーブの中でも「高速リトリーブ」と「低速リトリーブ」に分かれていて、高速リトリーブは高速でリールを巻く行為を、低速リトリーブは遅めにリールを巻く行為を示しています。

このときにもロッドを立てながら巻いてくるのと、ロッドを倒しながら巻いてくるのとでは海面に上がるスピードも変化してきます。

同じレンジ(海層)から上のレンジまでゆっくりと上昇したい場合にはロッドを倒しながら巻いてくるように意識すると良いでしょう。

レンジを素早く上昇させながらアピールしたい場合にはロッドを立てながらリールを巻いてくるようにすると縦方向に抜群のアピールを示すことになります。

小魚がフィッシュイーターに追われている様子。海面に多くの小魚が跳ねている場合を指す。ライトショアジギングでのナブラ打ちとは、ナブラの奥へメタルジグを投げ、小魚に紛れてメタルジグを泳がせてフィッシュイーターを釣る手法なのだ。

ナブラとは?|レポ部

ワンピッチジャーク

リールを1回転させると同時に竿(ロッド)を立てて糸ふけを取るまでを繰り返す釣り方です。

  1. リールのハンドルを下へ回すと同時に竿(ロッド)を立てる。
  2. リールのハンドルを上へ戻すと同時に竿(ロッド)を下げる。
  3. 繰り返し

メタルジグを弱った魚に見せるためのアクションの1つですね。

動画を見つつ勉強してみたい方は以下のリンクを参考にしてください。

メタルジグの使い方とは?アクション方法~応用までを徹底的に解説!
メタルジグは「鉛」を使って作られている模擬エサです。 バスフィッシング、シーバス、ジギングなどのゲームでよく使われているルアーです。 ...

ジャカジャカ巻き

ワンピッチジャークを高速にした動作が「ジャカジャカ巻き」です。

名前通りで「ジャカジャカジャカッ!」と巻く動作で魚を誘います。

慣れてくるまではワンピッチジャークで問題はありません。

ジャカジャカ巻きを扱うことができれば、魚を誘うバリエーションが増えるので覚えておきましょう。

動画を見つつ勉強してみたい方は「メタルジグの使い方とは?アクション方法~応用までを徹底的に解説!」のリンクを参考にしてくださいね。

フォール

メタルジグを海底に落とすアクションをフォールと言います。

そのフォール中に「3つのメタルジグの落とし方」を選ぶことになります。

  • フリーフォール
  • テンションフォール
  • カーブフォール

これらの3つのアクションを使用して魚にフッキングのタイミングを与えることが大切です。

1つ目のフリーフォールはラインにテンションをかけずに海底へ落とすことをいいます。

テンションをかけないということはキャストしたときのラインが出ている状態を示します。

メタルジグの本来が持っている動きと水の抵抗が合わさったアクションとなるでしょう。

2つ目のテンションフォールは、テンションをかけて海底に落としていきます。

リールのベールを立てた状態で、ラインを張った状態にしてメタルジグを落としていきます。

メタルジグの動きは、メタルジグの本来が持っている動き、水の抵抗、ラインの張りによる抵抗の3つが合わさったアクションとなるでしょう。

カーブフォールはテンションフォールと同じく、糸ふけを取って、テンションフォールの状態でメタルジグを沈めながら、海面に向けたロッドの先をゆっくりとメタルジグの重さの動きに合わせながら足元に向けて移動させます。

このカーブフォールによってメタルジグはテンションフォールよりも、小さい弧を描くようなアクションを見せます。

初心者の方はテンションフォール、フリーフォールを覚えて、余裕ができたらカーブフォールをマスターするようにすると、釣果を発揮しながら練習に励むことができるでしょう。

アクションをグループに分けて使うと…?

釣れない場合はアクションを切り替えながら魚を誘います。

そのためには”アクションをグループ分けにして使う”と使いやすいですね。

ライトショアジギングで使うアクションを組み合わせて1つのグループにしていきましょう。

グループ1

  1. メタルジグを投げる
  2. 着水
  3. そのままフリーフォールさせる
  4. 着底
  5. ワンピッチジャーク
  6. 海面までメタルジグが近付く
  7. メタルジグをフリーフォールさせる
  8. [5-7]を数回繰り返す
  9. メタルジグが近くまで来たら回収する

といった組み合わせや…

グループ2

  1. メタルジグを投げる。
  2. 着水
  3. そのままフリーフォールさせる。
  4. 着底
  5. ジャカジャカ巻で急いで逃げる小魚を演出
  6. ワンピッチジャークで疲れた小魚を演出
  7. 海面までメタルジグが近付く
  8. メタルジグをフリーフォールさせる
  9. [5-8]を数回繰り返す
  10. メタルジグが近くまで来たら回収する

といった組み合わせまでも。

アクションのバリエーションが増やすことが出来れば、様々なアクションで魚を誘い出すことが出来るようになります。

同時にこれが釣果へと繋がるので「自分なりのアクショングループ」を作っておきましょう。

ライトショアジギングの合わせ方

ライトショアジギングは合わせを積極的に入れていきます。

アクションしている最中ならばアクションが合わせになることも珍しくはありません。

難しいのがフォール中に合わせを入れる方法ですね。

私は「フォールさせているときには親指と人差し指でラインに触れておく」ことでフォールのアタリを感じ取っています。

親指と人差し指に「ガツン!」といった衝撃がくるので即座にアタリが判断できるので試してみてくださいね。

まとめ

初心者の方でも「ハードでロックな釣りを楽しむことができる」ライトショアジギング。

沢山の方が岸(ショア)から竿(ロッド)でアクションをしています。

したがって、メタルジグを投げるときは「後方確認」をすることを心掛けてください。

ライトショアジギング用のセット商品が販売されました。

ジャクソンの各種製品、スポーツラインV-MAX、メタルジグ各種をセットにして販売されています。

ライトショアジギング入門者の方にぴったりなセット製品です。

皆さんも、試してみてはいかがでしょうか。